忍者ブログ
ドラゴンクエスト7の小説ブログです。 9プレイ日記もあります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クエスト消化にそこそこ満足したので、
お話を進めました。

今どのへんかは、例によって最初のほうに書いておきますので、ネタばれ予防中の方は最初だけチラッと見て、大丈夫かどうか確認して下さい。




***グレイナルと別れ、牢獄へ***



前回までのあらすじ

ドミールの里が襲われた後、「おい爺さん、呑気してる場合じゃあないぜ」と思ってグレイナルに会いに行っても、頑固なグレじいさんは「ええい、間の悪いヤツ!」と言って自分からは何も言ってくれません。これはドミールの里に戻らないとお話は進まないな、とわかったものの、サンディが余計なそそのかし発言をしなくなったことが嬉しくて、これはよい区切りとばかり、ユリス一行はクエスト解消や宝の地図遊びに興じていたのでした。

しかし、レベル40僧侶クエストをクリアしたあたりで、秘伝書をもらって一足先に気が済んだ僧侶アルスが

「世界の危機なのに、溶岩風呂に浸かっている場合じゃないと思う。僕のべホイムはそんなことのためにあるわけじゃないんだ。」

…と言ったような気がしたので、「ゴーレム瞬殺クエスト」などの懸案クエストをひとまず置いて、ドミールの里へ戻ることにしました。


ドミールの里に戻ると、例の巫女のおばあさまが、「グレイナルから伝言がある」と言います。竜の火酒を持ってユリス一人で来い、とのこと。お酒を持って謹んで伺えばとは思っていたけれど、まさか本当にそうなるとは!

竜の火酒を受けとって、セントシュタインのルイーダさんに、シャークアイ、ボロンゴ、アルスを預け、一人になってグレイナルのところへ向かいます。こういう、仲間とはぐれてしまうイベントがモル元は好きです。アイテムのことや、強さが不安なのがいいですよね。一人で大丈夫なの?っていう恐ろしい状況に陥って、頑張ればやれるっていうことを確かめる感じが好きです。さて、今回の一人旅はグレイナル大先生のところにお詫びも兼ねて改めてお酒を土産に参上し謦咳に接するということで、翼や頭の輪こそないですが、久しぶりに正装しようと思いました。


が、久しぶりに見ると天使ファッションは結構ダサいですね。

あれーこんなだっけー と思いました。そして、グレイナルももしかしたら、このような辛子色タイツの女の子より、可愛いバニーちゃんのほうが好きかもしれない…いや、そういうのは下品で嫌いかもしれない…と、いろいろ考えたすえに、「おしゃれなベスト」で行くことにしました。これなら上品だし凝った装飾もあるし、ユリスの金髪にも似合うと思う。お酌をするので帯刀はやめて、身ぎれいにして、いざ、グレイナルのところへ。


お酒をもってグレイナルのところに行くと、老先生はユリスが里を守って戦ったことを知っていて、ユリスを許して下さったようでした。お酒をくれというので意地悪をして渡さないでいると、イジワルするな、わしゃもうしんぼうたまらんと言ってきたりして可愛い爺さんです。お酒を渡してくれたらいいものをあげるというので貰ってみると、ガナンの紋章でした。グレイナルは「高く売れる」というのですが、これがあれば帝国に侵入出来るのかな?

などと思っていると、何と、伝説の闇竜が登場!! ドミールを襲って、グレイナルをおびき出そうとしています! グレイナルは「竜の装備をあげるから背中に乗れ、そうしたら年老いた自分でも再び空を飛べるだろう」と言います! よし分かった!! 竜装備かっ、楽しみだ!!

着道楽のユリスは内心で、DQ8のラストの竜装備を想像してワクワクしましたが、そこで魔物登場! ユリスを消しにやってきます。まさかの戦闘です、竜装備まだもらってませんし、ユリス、今日は招かれてお邪魔している身ですから、「おしゃれなベスト」なんですけど…!!

ちょっと心配でしたが、戦闘前に装備を整えることができました。なーんだ。
魔女っ子のユリスは、改めていつもの魔女装備に着替えます。一人なので、杖か武器かで悩むところですが、杖スキルを全然もっていなくて飾りでしかないので、ここは「攻めの魔法使い」、ソードブレイカーで戦闘に臨みます。ソードブレイカーってロマンがありますよね。

さあっ、
誰も仲間がいない中、魔女一人で勝負。しびれますね!!

いざっ、
勝負っ!!



……MPが14しかなかった……。



HPもなかった。80くらいしかなかった。
高校生の財布の中身のように、
HPと合わせても、合計100なかった……。
しかも足してどうなるものでもない。


DQ9はボス直前に装備を整えられたりとか色々甘いから、今たった一人だし、ここは全回復しているかと思って、なめてました……。そういえば、いつだってイベントの後「ありがとう、ユリス。」って言われながらHPみんな黄色かったんだった…。グレイナル先生も、こんな徹夜明けみたいな姿でお酒持ってきたりして、すみませんでした。一応、敵とは戦ったけど、やっぱり負けました。当然ですよね。戦闘開始になってMP14って見た瞬間にもう心で負けてたもん。お金をいくら持っていたか覚えてないし、着道楽のユリス一行にお金はすごく大事なものだしで、リセットしました。

改めて戦ったら、敵はメラミ2発くらいで倒せました。魔力覚醒+メラミ強ーい。不気味な光なんかも発して、敵を弱めたりもしました。魔法使いもレベル40を超えると大概強いものですね。

敵を追い払ったところで、グレイナルに竜の装備を貰いました。DQ8みたいな、赤黒いもののふ的なものを想像していたのですが、おしゃれなシルバーカラーでした。マントは赤。かっこいいですね!

きちんと装備を着込んで、ユリスはグレイナルの背中へ。
竜騎士を背中に乗せたグレイナルは、飛びました!! 
300年前は、誰を乗せていたの? やっぱり天使を乗せていたの? 


ここから、闇の竜とグレイナルとの300年ぶりの戦いの開始です!!
二画面の、上画面のほうをつかって、ポリゴンではなく2Dのアニメです!!
あれっこの曲ドラゴンボール!?と思ったら、普通にいつも聞いているDQ9の曲でした。絵柄効果ってすごいです。

闇の竜は300年前とは違う。
特別な力を身に付けています。

誇り高き竜がそんな力に頼ることないのに…。人間たちが女神の果実を手にしておかしくなったように、きっと伝説の闇の竜も、おかしくなってしまって、もっと大きな力に使われてしまっているのですよね。

闇竜は、ただグレイナルを倒すだけではもったいない、最後にドミールの里の壊れるところを見せてやる…と言って、里を狙いました。おのれ卑怯な!!

老いてすでにかつての力を失ったグレイナルですが、ずっと自分をまつってきたドミールは自分の里、身を挺しても里を守ります! 死ぬと分かっていて、闇竜の放った破壊の力を全身に受け止めました! 振り落とされるユリス! また落下か!?

最後に、グレイナルは言いました。
さらばだ、ウォルロ村の守護天使ユリスよ…

うああああ
私のこと分かっているんだああああああ
このお話には泣きました……グレイナルーーーーー!!!


最後にサンディが「なにこの展開ー 知ーらないっとー」って言って、サンディともはぐれました。あのー、妖精だし感性が人と違うのは当然だと思うんですが、いまいちパックのような狂言回しになれないのは、サンディ=物語を見ている人=自分、という構図を、私が持てないからかもしれませんね。共感出来ないんです。ドラゴンクエストをプレイするときは、いつも主人公=自分でプレイするせいかな? 解説者が出てきたときにその人の側に立つこと、もしくは、その人を挟んで物語と向き合うことが出来ないんですね。



今回の落下先はガナン帝国に背いた者たちが強制労働させられる、「カデスの牢獄」。
身ぐるみはがれて牢にぶち込まれたユリス。こちらスネーク! たしかロシア人を餌付けすれば何とかなった気がする! 特に家族持ちの若い男は明夫の声で家族の話を振ってやれば、ついつい心を開き牢獄の扉も開いてしまうはず……


が、ドラクエなので、ドアは開かないし、牢獄の中にはシカバネしかありませんでした。ドラクエの牢獄ってそういうものですよね。目を疑うほどリアルなDQ8の修道院の拷問室には、スクエアの片鱗を見た気がしたものです。

何もない牢獄をうろうろしていると、隣から「無駄な体力を使うな」と優しい忠告があり、ユリスはしょうがないので屍の隣に横たわり、時の来るのを待ちました。本当はユリスは殺されるべきだと思うのですが、脳まで筋肉みたいな魔物がトップをやっていたせいで、ただの人間として労働力に回されたのです。

働け、と言われて外に出てみると、


カッコイイ人でたーーーーー!!!!!!!
すごい!!
強そう!!
優しそう!!!

アギロが なかまになった!!!!



アギロは昨夜となりの部屋から忠告をくれた男で、囚人のまとめ役をやっている囚人ですって! でも、諦めてはいないんだって! いつかきっと仲間たちを助けてここを出るって!! そして、それが近い未来のような気がするって! 詩情のある男ですね、きっとユリスがいるからそう思うんですよね。私も必ず助かって、ルイーダの酒場で待っている人間の仲間たちに再会しますとも! ユリス、久しぶり、一人でずっと戻ってこないからちょっと心配したよ、一杯どう?って言ってもらう! 私、竜の背中に乗ったのよ、って言う!! 

アギロがあまりにもかっこいいので人間との結婚を真剣に考えるユリス。
アギロは、いろいろと中を案内してくれるということで、うしろにくっついて歩いてきてくれます。ユリスはそういえば身ぐるみはがれているけど、囚人服なんかではないんだな…と思って装備画面を開くと……


何も着ていない。
何も着ていないけれど……装備品袋が、奪われてない。
普通に装備できる…だと…ばかな……!
ここの監視員ときたら、まさにスネークが3メートル以内に近づいても後ろにいる限り決して気付かない敵兵のようですよ……。「ん?」って言った次の瞬間、EZガンに麻酔弾撃たれて「あう…?」って昏倒しますよ! 

普通に装備が出来るので、囚人のくせにグレイナルにもらった竜戦士装備で歩くことにしました。グレイナル、やっぱりもう死んでいるのでしょうか。あの酒が最期の宴だったのかな…。

サンディはいるのかな? と思って「せんれき」を開いてみると、サンディはやっぱり彼の背中から落下するときに別れていて、いませんでした。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[92] [51] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83]

無料カウンター
CALENDAR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
メールフォーム
ご意見ご感想などお気軽にお寄せ下さい。また、リンクのご報告等にもお使い下さい。
プロフィール
HN:
モル元
性別:
女性
自己紹介:
ゲーム大好きモル元です。

9のプレイも一段落ついて、そろそろ7小説に戻ろうか、と書き始めた途端、シャークアイの知名度や活動人口の少なさを再び思い知って打ちひしがれている今日この頃です。皆さんにシャークアイのことを思い出してもらったり、好きになってもらうために、めげずに頑張って書いていきます!

シャークアイ関連の雑談やコメントなど随時募集中。お気軽に話しかけてやって下さい。世の中にシャークアイの作品が増えるといいなと思って活動しています。

シャークアイ、かっこいいよね!
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone