忍者ブログ
ドラゴンクエスト7の小説ブログです。 9プレイ日記もあります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テーマや登場人物などを選んでご覧になりたい方はここからジャンプすると早いです。
PR
「よーし、あげろー!」

威勢のいい掛け声とともに、漁師たちが一斉に網をひきあげる。アルスは大人たちに混じって、ぐっと力を込めて網を引いた。汗ばむ腕は日に焼け、世界中を旅していた頃よりもたくましいくらいだ。その腕に、今も水の紋章が見えていた。もはや何の意味もないと、アルスは自分の紋章を見るたびに思った。少しだけ、なげやりな気持ちで。

「あがるぞ!」

網にかかったたくさんの魚が甲板の上に打ちあげられた。水しぶきがきらめく。銀色の鱗は元気にはねて、日差しをはじいた。きらきらとまばゆいほど。

「おお、こいつは大漁だ!!」

漁師たちの歓声が船にあふれる中、ボルカノはそっとアルスを見た。アルスはせっかくの大漁にもあまり嬉しそうな顔をせず、ひとり黙って、離れた場所に行ってしまう。時々、こんな日があった。いつも明るくて一生懸命に働くアルスが、何か思い悩んでいるように物静かな日が。

「…アルス。」

ボルカノはアルスの隣まで歩いて行った。かけるべき言葉は、ボルカノの心の中にもうずっと以前からわだかまっていた。でも、言えない。うまく言えないのだ。アルスの口べただけはおれゆずりだ、とボルカノは思った。今、胸の内を伝えようとしても、うまく言えなくて、間違ってアルスを突き放してしまうような気がする。そうではなく、ただ、アルスを自由にするために話しかけたいのに。

「どうした、アルス? 今日はちょっと、元気がないな?」
「そんなことないよ。」

アルスはボルカノのほうを向いて少し笑った。アルスは子供の頃から、人に遠慮の出来る、やさしい性格だった。でも、こんなに思慮深げな表情、憂いを含んだまなざしで人を迎えるアルスは、これまでボルカノは見たことがなかった。

船べりに手をついて、アルスは遠い海の彼方を眺めていた。見果てぬ波の向こうに船影を探すように。

(アルス。お前は立派な漁師になった。だけど、どこへでも行っていいのだよ。)


ボルカノは結局何も言わず、元気づけるようにアルスの肩を叩いた。アルスの心はいつになく複雑で、これまでのようにただそばにいて、「おれはお前を信じているぞ」と言って励ましてやれるようなものではなかった。ボルカノの心もまた、言わずに息子に通じる気持ちでもない。こんなふうに二人の間に沈黙を落としたままでは、想い合う魂だけでは、乗り越えられない嵐がきていた。

そう分かっていても、どう切り出せばいいのか、ボルカノはきっかけを見つけられずにいた。ボルカノもまた迷い、悩んでいるからだ。腹を割って話そうとしたら、きっと冷静でいられないだろう。大人らしく、親らしく、落ち着いてアルスをさとしてやることは出来ないだろう。さみしくて。


不器用な親子は、二人並んで黙ったまま、はるかな空と海のはざまを長い間見つめていた。アルスのほうが先に、ふと足元に視線を落とした。



――――――――――
お題はこちらのサイト様から頂きました
capriccio様


その猫は決戦前の雨に濡れていた。
足音が猫の前で立ち止まる。
猫はその靴先に身体を擦りつけ、戯れた。
水滴を落とす大きな手が伸びてきて、濡れた頭を撫でた。

「ミント。」

シャークアイは猫を持ち上げるとじっとその顔を見た。
愛猫ミント。いつもシャークアイとアニエスの部屋に眠っていた猫。

「…お前はいい猫だ。」

最近は戦いに忙しい主人にあまり構われなかったミントは、にゃあんと甘い声で鳴いた。
ぶる、と少しだけ身体を震わせると雨のしずくが飛び散り、主人を笑わせた。
シャークアイはミントを柔らかなタオルに包むと、両腕に抱いたまま船を下りた。
砲台に男たちが集まって戦の準備をしている。




コスタールの王宮、謁見の間の上に位置する客室。
アニエスは窓の外を見ていたが、シャークアイの靴音を聞いて振り返った。

「アニエス。」

濡れた髪のシャークアイがそこに立っていた。
その腕からするりと猫が降り立ち、主人の足元を歩く。

「シャークアイ。来てくれたの?」
「起きていたのか、アニエス。あまり無理しないでくれ。」
「ふふ、平気よ。このお部屋、とても居心地がいいわ。…おいで、ミントちゃん。」

ミントは主人のそばをなかなか離れようとしない。
不安そうにうろうろと歩きまわる。主人の歩みを妨げるように。

シャークアイはミントを抱きあげ、埋もれた喉を掻いてやってから、
アニエスのベッドの前に膝をついた。

「遠慮なさらないで座って下さいな。あなた。」
「いや、ここでいい。濡れているから。こっちにおいで、アニエス。あまり窓際にいると身体を冷やすよ。」
「もう、心配ばっかりね。」

アニエスはすなおにシャークアイの言葉に従って、ベッドの上に腰かけた。
はなやかで優しい、ピンク色の天蓋に、アニエスの金色の髪が透ける。

「ミントちゃん、嬉しそうだわ。久しぶりにあなたに可愛がってもらって。」
「ミントを置いていく。」
「あら、そうなの?」
「お前ひとりでは寂しいだろうと思ってな。ミントにも少しの間、アニエスと一緒にここでオレを待っていてもらおう。」


優しい会話の終わりに、物問いたげな猫の甘い鳴き声。
シャークアイは微笑して指先で背中の毛並みに触れた。


「…もう行くよ。アニエス。オレがいない間も身体を大事にしてくれよ。」
「ええ。ありがとう。気をつけて、あなた。」
「うん。アニエスも。…ミント、お前もな。」

去ろうとするシャークアイのほうを、ミントの両眼がじっと見ている。
こんなふうに人を見るときの猫の目は、いつもどこか、人の周りにある虚空を見つめていて、まるで迫り来る未来に気づいているかのよう。
勘の鋭い猫が不安な鳴き声を上げる前に、シャークアイはミントの喉を優しく愛撫した。
何度も何度も、ミントが幸福そうに眼を細めるまで。

「いい子だ、ミント。アニエスとオレたちの子を、頼むぞ。」


――――――――――
お題はこちらのサイト様から頂きました
capriccio様


夢うつつ、
あたたかな、いのちの色がまぶたに透けている。


ぽかぽか陽気に包まれて、
大きな船の上、
普段は毒舌家のマリベルも、僕の隣で、うつら、うつら。
さっきから僕の寝顔にいたずらしてるのは、ガボ。

いねむりのアルスは無防備すぎるって、
昔、キーファに言われたっけ。



波音のように、遠く響く優しい足音。
眠りかけた僕の耳をくすぐる会話のかけら。



「いいのよ、シャークさんも、つっついても。アルスのほっぺたって、みーんなつっつくんだから。」
「そうなのですか?」
「こいつ、これで16歳なのよ。嘘みたいじゃないの。」




冷たい指先が、
つん、
と頬をつついていった。




――――――――――
お題はこちらのサイト様から頂きました
capriccio様


色々考えたすえに、とても短いお話になりました。
シャークアイは普段アルスに遠慮していると思うのですが、
あまりよそよそしすぎてもさみしいので、なるべくハッピーなところを書きたいなあと思います。


どんな極寒の海でも感じたことのない強烈な冷気が襲って来た時、
咄嗟に身体が動いていた。

全員が死ぬ、もろともに死ぬと、頭では理解していた。
ただの人間である自分より、精霊の加護を受けた主人のほうが強靭であることも。
だが反射的に、主人をかばおうと。
この命を賭して。






身体の上が、重たい。
ゆっくりと瞼を持ち上げ、次第に明瞭になっていく視界にとらえたのは、
闇色にけぶる空だった。
指先をぴくりと動かしてから、カデルはようやく気づいた。
生きている。


「……?」


あたりはひどく静かだった。
魔王はどうしたのだろう。 
最後の決戦の行方は、
われらマール・デ・ドラゴーンは、コスタールは、世界はどうなったのだ。

「…シャークアイ様!!」

そうだ、主人は、キャプテン・シャークアイはどうなったのだ!
跳ね起きようとした瞬間、それを阻んでいるものが自分の上に重なった人間の身体であり、そしてそれが他ならぬシャークアイであることに気づき、カデルは驚いてその肩に触れた。
血に汚れて絡む黒髪の間から、蒼白の頬が覗いていた。
ぞくりと恐怖が駆け巡る。
伏せられたまま揺れもしない睫。
感情のない眉もまた、微動だにしない。

「そ、総領! 総領様!!」

カデルは必死にシャークアイに呼びかけた。
力を込めて自分の身体を起こし、ぐったりと重たいシャークアイを抱きかかえ、仰向けに寝かせる。
黒い髪が冷たい甲板の上に散った。
水の紋章を施した鎧も傷だらけになっていた。先ほどその肩に手が届いた理由も、肩あての部分がすべて失われていたせいだ。
マントは幾条にも引き裂かれている。

カデルは主人の胸を覆っていた甲冑を外し、凍えたその頬に触れた。
動かない喉に触れ、胸の上に掌を押しつける。

「うそでしょう、総領…っ」

そのとき、触れていた身体の遠くから、
とくり、と揺らぐ音が聞こえた気がした。
とくり、とくりと次第に確たるリズムをもつ。
自分自身の心音ではない、たしかに、あなたの。


「…生きてる! 生きてますね!? キャプテン!! シャークアイ様!!」
「……う………。」

何度も何度も呼びかけるうち、ようやくシャークアイの眉と唇が動き、
喉から、低いうめきが洩れた。
うっすら開かれていく瞼、瞳のわずかな光、その表情の動きが全てカデルの網膜に焼き付いていくかのようだった。

「…カデル。」

名を呼ばれた瞬間、シャークアイを映していたはずの視界が大きく膨らんでぼやけた。

「旦那ぁ!!」
「…われらは一体どうしたのだ。魔王は…?」

ひとたび意識を取り戻したシャークアイは強く、自力で身体を起こした。
シャークアイはすぐにあたりを見渡した。その動作につられ、ようやくカデルも甲板の上に眼をやった。
いつのまにか、そこかしこで船員たちが意識を取り戻し、ざわめきが生まれていた。

「シャークアイ様! カデル様ぁ!!」

数人の船員たちが駆け寄ってくる。カデルはシャークアイの背中を支えた。

「一体わしらはどうしたのです?」
「…オレにも分からん。が、どうやら魔王軍は去ったようだな。とにかくまだ倒れている船員たちを助けよう。おおい皆! けが人を運べ! ボロンゴ! 船室にいる連中も無事か、呼んできてくれ。…なんだ、この空は。」

事態に困惑していた船員たちが、総領の声を受けて何はともあれ指示に従い、のろのろと動き始めた。シャークアイは不審な空を気にしながらも、ほうぼうに集まる海賊たちに次々と声をかけていく。船は随所に破損があるようだったが、シャークアイの態度を見る限り、航海できぬほどではないらしかった。

船全体の様子をざっと確認したシャークアイは再びカデルのいる場所まで戻ってきた。長身は傷つき汚れていたが、その足取りは混乱する船の乗員たちを安心させるに足る落着きをもっていた。

「カデルここがどこだか分からんか。…カデル!」
「へいっ」

まだ甲板の上にへたばっていたカデルは慌てて返事をした。まわりの連中が動き始めているのに、自分ばかりがいつまでも放心したままだったことを悟って反省する。気づけば頬が涙に濡れていた。叱られるものとばかりカデルは思ったが、シャークアイは意外にもどこかはにかむような笑顔を向けた。

「気がつく前、夢の中にいるとき一番最初にお前の心臓の音が聞こえた気がしたよ。カデル。生きていてくれてよかった。」

穏やかな懐かしい声にカデルは堪えきれずまた泣いた。
息のないシャークアイの身体に向かい合ったときの不安と後悔は言い知れない。
記憶が途切れる直前、カデルは主人の命の盾となるべく躍り出たはずだったのに、最後に見たものは襲いかかる氷の刃ではなかった。強い力で背後から肩をつかまれ、引き寄せられて、あのとき視界を埋めたのは、覆い被さる大きな優しい身体だった。

「…最後、おれをかばってくださったのですか。どうして……」
「お前が飛び出してくるからだ。舵取りに死なれてこの船が立ちゆくと思うなよ。」

シャークアイはそれだけ言うと再び身を翻した。忙しいのだ、働かなくてはと思うのに、膝になかなか力が入らない。シャークアイはそんなカデルを咎めるでもなく、肩越しに振り返った。生命の力を湛えた一対の泉。荒れた髪が風になびいている。かつてのように。いつものように。


「視界が悪いがおよその位置を調べてくれ。カデル、まずは最寄りの港に向かおう。」


――――――――――
お題はこちらのサイト様から頂きました
capriccio様


静かな波音の夜の、寝室はしんとして孤独。
すぐに眠るつもりだったオレは明かりを灯すこともせず、疲れた身体をベッドの上に預けた。

滑らかなシーツに指を走らせる、指先は何にも出会わず残るのは柔らかな温もりだけ。ああ、さっきまでいたんだな、と思うと、あの触り心地が急激に恋しくなった。ついため息が洩れる。

猫たちは生来気まぐれだ。昨日まで毎晩通ってきたくせに、こうしてふいにさぼる。あの黒いやつは今日はどこにいったのか、部屋に来る途中にも見かけなかった。一度横になってしまうと疲労は全身をひどく重たくし、もう起き上がる気にもなれず、添い寝する猫を探しにいく元気はない。ただ少しだけ物足りなくて、どうにも恋しいばかり。

トントントン、とノックが聞こえた。三回ノックするのは、舵とりのカデルと決まっていた。この時間に訪ねてくるとは想像していなかったから、オレは幸運に驚き、口の端で笑った。

「入れ」

マール・デ・ドラゴーンのキャプテンの寝室に、もとより鍵はない。
カデルはドアを押して寂しい部屋に入ってきた。

「カデル、いいところに来た!」
「は? いや、こんな夜更けに申し訳ねえ、明日の入港のことなんですが…」
「うん、明日の入港のことは明日起きてから話そう。オレは猫が欲しい。連れてきてくれないか? 今すぐ頼む。」

一瞬の絶句のあと、オレの名を呼ぶ呆れた声が聞こえたが、どうせ暗くて何も見えないのでオレは構わず横になったままでいた。

「シャークアイの旦那。それはご命令で?」
「頼むよ、カデル。今すぐ。」
「旦那ぁ…」
「面倒事ですまんがどうも疲れて起きられなくてな。」

同情を引くことを言うと、カデルは文句を引っ込めた。優しい男だ、きっといい夫になるぞ。オレは心からそう思うのだが、以前それを口にしたところ「仕事が多くて女房どころじゃないんでさ」と口応えされたので今夜は黙っていた。今すぐ今すぐ、とせっついたせいか、幾分早い足音が寒い室外へと去っていく。

「カデル! 出来れば黒いやつを頼む!」

アイアイサー、とだるそうな返事が戻ってきた。








船室を出るとすぐに黒い猫がうろついているところに出くわした。

「なんでえ、簡単に見つかるじゃねえか、しかも黒いのが…」

夜闇に光る黄色い両目はじっとおれを見上げ、いかにも用事のありそうな態度だということくらいは、キャプテンのような猫狂いでないおれにも見て取れた。
多分こいつがずばり、キャプテンご希望の黒猫だろう。
腹を抱きかかえて持ち上げても、なすがまま、逃げようともしない。

「あったけえなあ」

寒い夜だ、生き物の体温がしみじみと感じられた。
黒い柔らかい塊は「ニャーン」と可愛い声で鳴いた。


――――――――――
お題はこちらのサイト様から頂きました
capriccio様


「どうだ、アルス殿。俺のあとをついで総領になってくれるか?」


思わず口に乗せてしまった言葉は予想以上に俺自身の胸に響いた。まるで貫かれるよう。そして波間の小さな船のように揺れる。真下に控える大いなるものへの恐怖と不安を抱えながら、ゆらゆらと。賑わう人々のさなか、俺とアルスの心だけが、その孤舟に置き去りになっていた。


アルスは突然の申し出に戸惑っていた。その表情を見て激しく後悔する。おのれの欲望のために、向かい合うべきではない選択をアルスに突きつけてしまったことを。


勢いに乗せて、言えるかと思った。別れの挨拶をしている最中、目の前に立つ少年の若い鼻梁、唇の形、風に嬲られる黒い髪、すべてに船に暮らす親族たちの特徴を読み取らざるを得なかった。見上げてくる双眸に抗い得ない魅力があった。手放しがたかった。…試してみたかった。


愚かだ。
独善的な感傷、醜い欲望に突き動かされて浅薄な言動を。
どちらの答えも、誰も救わない。
大切なお前を傷つけるだけだ。
それゆえ試して仮に勝利したとしても、そのことは俺自身すら救わないのに。



困惑した表情。かわいそうな少年は決断せざるを得ない。答えを聞いても俺は笑い飛ばした。これ以上アルスのそんな顔を見ていたくはなかった。

幸せでいてほしい、それが俺の一番の希望でなくて何だというのだ。胸に去来する欲望はいずれも、その希望の前では叶う必要のないものばかりだった。船にアルスを迎え入れて民たちを安心させたかったことも、その肩を抱いて名を呼びたかったことも。大きな声で民たちに語りながら、心の中で祈る。考えるな、アルス、と。知ったところでいたずらに思い悩み傷つくだけだ。ここにある苛烈などお前は何も知らなくて良い。


物言いたげな少年を送り出す。忘れてくれと、俺は願い続けている。余計な言葉を、どうか忘れてくれ。何も考えないで。でなければこの世でもっとも幸福な事実、何よりも俺を満たす真実が、あまりにも残酷なものに変貌してしまう。

下手な笑顔も船員たちの心からの笑いにまぎれて今ならごまかせた。船員に敬礼を促すカデルの声が、俺の言葉のあとに続く。今しがたの苦いやりとりは、船中を埋め尽くす勇者凱旋の興奮と勢いにかき消された。



――――――――――
お題はこちらのサイト様から頂きました
capriccio様


[1] [2]

無料カウンター
CALENDAR
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
メールフォーム
ご意見ご感想などお気軽にお寄せ下さい。また、リンクのご報告等にもお使い下さい。
プロフィール
HN:
モル元
性別:
女性
自己紹介:
ゲーム大好きモル元です。

9のプレイも一段落ついて、そろそろ7小説に戻ろうか、と書き始めた途端、シャークアイの知名度や活動人口の少なさを再び思い知って打ちひしがれている今日この頃です。皆さんにシャークアイのことを思い出してもらったり、好きになってもらうために、めげずに頑張って書いていきます!

シャークアイ関連の雑談やコメントなど随時募集中。お気軽に話しかけてやって下さい。世の中にシャークアイの作品が増えるといいなと思って活動しています。

シャークアイ、かっこいいよね!
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone