忍者ブログ
ドラゴンクエスト7の小説ブログです。 9プレイ日記もあります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シャークアイって誰だっけ?

のカテゴリですが、今日は雑記です。
友人がアルスのドット絵のアニメを作ってくれました!
PR
シャークアイの知名度を少しでも上げて、人口を増やす。

その大目的のために今は倦まずたゆまず自炊に励み、わずかな客人を待つばかりの「なないろの雫」ですが、DQ9のプレイ日記を一通りクリアまで書き終えて、改めてしみじみと思いました。

やっぱり、7は人が少ないよね。
第一、来てくれる人がいるのかどうかも分からない…。

リメイクされたら増えるかもしれない。
でも、ひたすらリメイクを待つだけでは、モル元は餓えてしまいます。
もうずっとシャークアイ、シャークアイって言っていて、周りの人もいい加減迷惑です。まだ、ゲルザー、ゲルザーって言っていたほうが、リアルタイムだけに救われるかもしれません。


そこで、今日はてっとり早く7のストーリーについて解説してみようと思います。だいたいのところが分かったら、プレイしてなくても、7のストーリーが、そしてシャークアイのかっこよさが、場合によっては伝わるかもしれません。それには出来れば絵があったほうがいいのかもしれませんが、モル元、残念ながらかっこいいシャークアイを描けません。


というわけで、
まずは、忙しい人のための7ストーリーです。
当然ネタばれがあります、というか、ネタばれそのものなので、ご注意下さい。


シャークアイって、どんな顔?


シャークアイって、いわゆる公式絵がないですよね。残念なことに…。だから、公式ガイドブックを見ても、彼がどんな姿をしているのか、はっきり分かりません。でもいくつかの方法で、シャークアイの容姿を推定することはできると思います。今日は、そのヒントをいくつかご紹介しようと思います。

(0)ゲーム内キーワード
ゲーム中で、

・渋い
・いい男。男前。
・子供の頃はアルスと似ていた

ことが語られています。
また、ドット絵から、黒髪長髪であることは間違いないと思われます。

(1)つまりは黒髪長髪の海賊のイケメン
意外かもしれませんが、人に「シャークアイを描いて!」と無理じいした場合、最初はプレイしたことがある人もない人も「公式絵がないんじゃわかりませんよ」と言ってくるのですが、さらにモル元が涙ながらに「黒髪長髪の、海賊のイケメンなんです!!」と訴え続けると、出来上がるものは「公式絵がある場合の同人絵の振れ幅」と同程度にしか違いがない、どれもまさしくシャークアイの絵になります。逆にいえば、公式絵があったって、人の描くキャラ絵というのは、みな違うもので、だけど間違いなく「そのキャラ」ですよね。きっとこんな感じ…と思いながら「黒髪長髪の海賊のイケメン」を描けば、もうそれはシャークアイです。

(2)アルスとの関係を考慮しつつ、鳥山さんの絵を参考に
まず、悟空を思い出してほしいです。
子供時代のかわいい悟空です。

それから、大人になった悟空さを思い出して下さい。同じように悟飯ちゃんも思い出してみて下さい。…どうですか? このように、鳥山さんの絵における成長は、身長と、かっこよさが、劇的に、ほとんど第二形態と呼べるほど変化しますよね。この経年変化を利用してアルス→シャークアイへの変化を想像します。

アルスはどちらかというと、ふわっとかわいい感じの人ですから、大人になっても、ボルカノのようなごつい体格の大人ではなく、スマートな感じになるものと推測されます。それがたぶんシャークアイに似ています。

(3)年齢は?
正直、モル元はシャークアイが何歳でも平気です。このブログでは一応20代を想定して書いていますが、場合によっては、40代ということもあると思うんです。それはそれでかっこいいと思う!! なお、ラストで「オレもまだまだ若いしな!」と本人が言っていますが、これも、20~40代くらいの人なら言うセリフだと思うので、特定にはつながりません。一応、10代後半あたりも可能性としては考えられるのですが、そうだとすると「若いながらもキャプテン」であることがもっと作中で強調されているはずじゃないかなー、とも思います。

シャークアイの年齢とかかわるゲーム中のお話をご紹介しておきます。それは、「アルスが最初の子供だった」こと。そしてシャークアイは「アニエスと結婚してもう何年にもなるが、ようやく子供が出来た」と語っています。

この「最初の子をアニエスが身ごもった時点」で、シャークアイの年齢はとまって、その年齢の状態で16歳のアルスと出会うことになります。ちなみに、アルスは4か月間アニエスのお腹の中にいて、その後マーレのお腹の中で6か月を過ごして生まれています。

この情報も、はっきりと「シャークアイが何歳か?」という疑問には答えないのですが、参考にはなると思います。

(4)他のDQを参考に
モル元はDSリメイクのDQ5で改めてヘンリーの壊れた性格の面白さをかみしめつつ、同時にこう思いました。大人になったヘンリーの弟、シャークアイとドット絵が似ている、と。ラインハットのデールです。デールはお兄ちゃん大好きの子で、どちらかといえば気弱ですが、この人の性格を意気揚揚・豪放磊落にしたらシャークアイに近いんじゃないかな、とモル元は思いました。



以上、シャークアイの容姿についてでした!
かっこいいよ、ぜったい!
モル元としては、カデルのほうが容姿が想像しにくいと思います。モル元の脳内では、強いて言えば「アイシールド21のムサシに似ている」感じですが…。それにしても、カデルの絵こそ、見たことがありません。




カデルって誰だっけ?



小説にカデルがよく登場するようになったので、本日はカデルについて少し長めに書こうと思います。

カデルはシャークアイの部下。
マール・デ・ドラゴーンの舵を預かる海賊さんです。

マール・デ・ドラゴーン号は船とはいえ、海上の一国とも言える大きさの巨大海賊船。石造りの建築物や、噴水まであり、たくさんの人が生活しています。そのなかで、ゲーム中に名前が出てきたのは、

シャークアイ
ボロンゴ
カデル
アニエス
ミント

の5人(4人と1匹)だったと記憶しています。
一国あたりに出てくる人名というのはおよそこのくらいだと思うので、マール・デ・ドラゴーンという一国においてカデルはちゃんと名前が出てくるくらいの重要人物です。

カデルの初登場は、コスタール王から派遣されたコスタールの大臣たちが、マール・デ・ドラゴーンに突撃的に訪ねてきた時です。カデルはこの急報をシャークアイに伝えるために、舵にいるシャークアイのところまで息せき切って走っていきます。

「はあ、はあ…シャークの旦那!」

と、いかにも事件ありげな様子なのにもかかわらず、シャークアイは

「どうした、カデル? 出航の準備が整ったのか?」

と、こんな具合です。モル元はこの場面にびっくりしました。そして、何だかおかしくて好きです。


シャークアイはコスタールの大臣たちが派遣されてきたことを知らされ、カデルが報告している最中から思案を始めます。その様子を見たカデルは、シャークアイが心ここにないのかと思って

「キャプテン・シャークアイ? 聞いてます?」

と途中で言葉を切ります。シャークアイは

「ああ…聞いているよ、カデル」

と答える、このやりとりもモル元はとても好きです。カデルの喋り方がすごくいいし、何しろシャークアイの喋り方が異様にかっこいい! これはどうしたこと! いったいなにが起こったのか! シャークアイの喋り方はどうしてこんなにかっこいいのか、とても黙ってゲーム画面を見てなどいられないほどであるわけですが、このたびのコーナーはカデルについてのお話ですから、話を先に進めます。



死を覚悟してコスタールを離れる決戦の前夜。
シャークアイはカデルのことを、「お前には本当に感謝している」、「お前のような頼りになる相棒」などとさんざん言っているので、付き合いは長く深いようです。カデルはキャプテン・シャークアイの右腕なのですね。
このときも舵のところにいたし、コスタールの大臣たちが訪ねてきたときも舵のところにいたので、舵を前に色々と語り合う習慣があったのではないかと思います。

この最後の夜に、シャークアイはカデルに「自分がいなくとも立派に成長した息子の夢をみた」こと、「自分には海神に仕える本当の力はない」ことなど、他の船員には告白しないような心情を吐露しています。それから、これは比較対象が少ないためモル元の気のせいかもしれないのですが、シャークアイはカデルと喋る時は普段より少しばかり、くだけた感じになっている気がします。語る内容のためかもしれませんが…。

カデルは見た目が凡百のモブ海賊なのにもかかわらずこのようにシャークアイの厚い信頼を得ており、そのギャップにぐっとくるのはモル元ばかりではないようです(以前友人に無理やりシャークアイの話をきいてもらったとき、その友人もそう言っていたので少なくとも二人はそう思っています)。冷静に考えれば開発スタッフがカデルのために別途キャラデザをする必要を認めなかったまでのことですよね! いや、そんなつまらぬ考えはよそうではありませんか! ようするに「カデルはパッと見は普通の海賊に紛れるのだが、その実は並みならぬ舵の腕があり、総領の信頼もあつい頼もしい男」ということなのです。実際、舵を任せられているだけあってカデルの地位は船員のなかでも高いほうらしく、ボロンゴや他の船員に命令しているシーンも何度も見られます。



さて、カデルのよさを伝えるのは本当はモル元のこのようなのらりくらりした冗長な語りなどではなく、あの素晴らしいドラゴンクエスト7というゲームそのものなのです。が、カデルに出会うまでは場合によってはちょっと思ったよりこころもち長めの時間がかかるかもしれませんので、すでにご紹介した関連動画などご覧いただければ、だいたいここにご説明した内容が正しく伝わるかなと思います。

そんなわけで、カデルのお話でした。
仲が良くて、互いに尊敬している二人の主従関係はとても素敵だと思います。
ここまで長々と読んでくださった方、ありがとうございました。モル元。


DQ7って、
どんな戦闘音楽だっけ?


戦闘音楽をすごくかっこよく作っている人がいたので、御紹介します。
にこにこ動画なので、苦手な方もいらっしゃるかと思ったので、畳んでおきました。
大丈夫、という方は、「つづきはこちら」からご覧ください。


PS以降読み込みが長くなってから、戦闘開始までの音楽は長くのったりするようになった気がします。DQ7の戦闘音楽はわりとゆっくりしているのに、駆け上がりは迫力があって好きです。動画を見ていると、それが視覚的にも分かって面白いです。


プレイ時間が長い分、戦闘も多分、DQの中でも一番戦ったんじゃないかな、と思います。職業スキルもあげたかったし…。やりこみ要素が強かったですね。モル元はやりこみするタイプではないのですが、それでもかなりやりました。マール・デ・ドラゴーンで売っている防具が欲しくて、金満家のスライムを狩りまくった日々。モル元が初めて「ゲームしながら寝てしまった」のは、そのときでした。冬、お布団をかぶってプレイしていたから…。



ドラゴンクエスト7は、色々な職業に転職して、職歴がつくと上級職になれる、というシステムでした。「勇者」も職業なんですよね、何だかおかしいですよね。
モル元は、あの可愛らしいお人よしのアルスが「大僧正」や「法王」の資格を持っているのだと思うと、ときめきを禁じ得ないです。

シャークアイが「海賊」だとすると、「海賊」は上級職なので(ということは、マール・デ・ドラゴーンの人は皆、上級職だったのですね)、システムに則って考えると、「盗賊」と「船乗り」もやっているはず。と、友人が教えてくれました。そういえばそうですよね。これまでモル元は、「シャークアイって魔法なんかホイミが使えればいいほうで、ベギラマを試しても暴発しそうだけど、ライデインとギガデインは生まれつき使えそう」だとか適当なことを言っていたのですが、実はいろいろ使えるのかもしれない、と思いました。せっかくなので詳しく書き足して、ここにご紹介しようと思います。

そういうわけで海賊王シャークアイは、「海賊」になるために、「盗賊」と「船乗り」を経験しているはず。
まあこれは無職スタートだった場合で、もしかしたら生まれつき海賊だから関係ないのかもしれないですけどね。

盗賊の時に覚えた特技
すなけむり(攻撃)
突き飛ばし(攻撃)
石つぶて(攻撃)
ちからため(力をためて、次の攻撃時に与えるダメージを増やす特技。)
フローミ(建物やダンジョン内で唱えると、現在いる場所の名前と階層が分かる魔法。)
しのびあし(敵にエンカウントしにくくなる特技。)
とうぞくのはな(そのフロアにある宝物の数を察知する特技。)

船乗りになって覚えた特技
あみなわ(敵1体を縄に絡ませて、1ターンの間行動不能にする技。)
たいあたり(攻撃)
うみどりのめ(フィールド上で、近くにある町などの場所を知る特技。)
キアリク(解毒魔法)
バギマ(攻撃)
つなみ (攻撃)

そして海賊王となった今、…
キアリー(解毒魔法)
おいかぜ(炎・吹雪を1回だけ跳ね返す特技。)
ハリケーン(攻撃)
トラマナ(毒の沼地や溶岩、バリアなどダメージ床の効果を無効化し、ほいほい歩く魔法。)
レミラーマ(唱えると、その時視界に入っている未獲得のお宝がキラッとする魔法。)
大ぼうぎょ(防御)
コーラルレイン(攻撃)
メイルストロム(攻撃)

 

以上の技が使えるということになります!
いろいろ出来るシャークアイも、かっこいいですね。
「船上ダンス」も出来てもいいと思う! 
出来ないけど。

ずっと海の上だし、
初期の「すなけむり」とかはもう忘れていて、使えないのかもしれない。


アルスとシャークアイは何だっけ? 水の紋章って何だっけ? という方のための動画です。




シャークアイやっぱりかっこよすぎると思います…。




[1] [2]

無料カウンター
CALENDAR
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
メールフォーム
ご意見ご感想などお気軽にお寄せ下さい。また、リンクのご報告等にもお使い下さい。
プロフィール
HN:
モル元
性別:
女性
自己紹介:
ゲーム大好きモル元です。

9のプレイも一段落ついて、そろそろ7小説に戻ろうか、と書き始めた途端、シャークアイの知名度や活動人口の少なさを再び思い知って打ちひしがれている今日この頃です。皆さんにシャークアイのことを思い出してもらったり、好きになってもらうために、めげずに頑張って書いていきます!

シャークアイ関連の雑談やコメントなど随時募集中。お気軽に話しかけてやって下さい。世の中にシャークアイの作品が増えるといいなと思って活動しています。

シャークアイ、かっこいいよね!
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone