忍者ブログ
ドラゴンクエスト7の小説ブログです。 9プレイ日記もあります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はっと目覚めた瞬間から、夢見ていた光景は一斉に記憶から遠退いて行った。ほんの一秒前までの夢の世界が覚醒と同時に急速に逃げ去るのはよくある体験だけれど、霧消してゆくその光景から僕はかろうじてひとつのことだけ意識にとどめた。夢の僕は船に乗っていた。そしてその船は僕が毎日父とともに奔らせている故郷の漁船ではなく、キーファやマリベルと旅したあの懐かしい小さな船でもなく、あたかも海上の一王国のごとく聳える、あのマール・デ・ドラゴーン号だった。
 
真夜中の部屋は闇に満ち、色のない世界で、繰り返す波音ばかりが際立っていた。生まれた時からこの音に包まれて暮らしてきたのに、潮騒は安らぎではなくざわめきを僕の胸中に呼び起こした。波のリズムに心を和ませたのは旅をしていた頃だけだった。大海原に帆を立てながら、あるいは港に宿しながら、波の声は穏やかに優しく僕を迎えた。フィッシュベル育ちの大人達が親しみをこめて言う通り、まるで子守唄のように。
 

僕は汗ばんだベッドから抜け出し、足音を立てぬよう用心しながら階段を下りた。階下では父と母が何の心配事もなく安穏と眠っていた。父の寝息を背に僕は浜へと出た。
 
 
海は暗く、遠くに異国の船のあかりがちらついていた。点在するその光だけが、子供の頃見ていた景色と違う。昔、僕の知っていた夜の海にはたった一つの光もなかった。それなのによくも僕らは大人達の語る世界を疑い、ついに旅にまで出たものだ。こうして行き交う船を見ていると、改めて過去のキーファや僕、マリベルの行動に驚きを覚えた。何のしるべもなく波の向こうにまだ見ぬ大陸を夢見て、16歳の僕は身近にはキーファに唆され、そして遠く海の果てから運命に呼ばわれ、この村を離れた。
 
 
海を彩る光はどれもあの海賊船のものではなかった。僕でなくとも、マール・デ・ドラゴーンを一度でも見たことのある人であれば誰でも簡単にそう判断できるだろう。あの船がもし海上にいたのなら一目でそれと見分けられるに違いない。世界に比類ない、舳先から船尾までを飾る壮麗な明かりの列によって。
 

海のざわめきが僕に訴えていた。その焦燥感は子供の頃とちっとも変わらなかった。僕はエデンの使命を果たしてこの村に戻ってきたはずなのに、そして冒険を終えた僕のやるべきことはフィッシュベルの一人前の漁師になることだったはずなのに、打ち消せない落ち着かなさが僕の胸を揺らすのだ。海賊船は僕の初めてのアミット漁を心づくしの花火で見送って以来、一度もエスタードを訪れずにいた。僕は内心であの船を待ち続け、そして待っている間に、ここにいて来訪を期待する僕自身の臆病を恥じるようになっていた。いや、あの別れの日を思い出す限り、臆病というよりもそれはいっそ卑怯なのかもしれなかった。

船に残ると答えた僕にシャークアイは笑って言った。
いくら水の民の頼みだからといって、無理をしなくともよいと。

――そなたにはボルカノ殿という立派な父上がおいでだ。裏切ることはできまい。
――俺には、アルス殿の、その気持ちだけで十分だ。
 

僕は彼の目が、彼の言葉と同じことを語ってはいないと気付いていた。でも僕は彼の心の声が聞こえないふりをした。そうするように、彼によって仕向けられたから。その用意された優しい逃げ道に従い巨船をあとにした自分を振り返る時、僕は何とも言えない苦い気持ちに襲われる。幾度となく夢に見る似たような物語の詳細を覚えていなくても、真昼の太陽の下で激しい忍耐を見せた、あの人の姿が脳裏から去ることはなかった。
 
轟く波音が暗い海をかき混ぜていた。その瞬間、突然啓示のように僕はもう一つの彼の言葉を思い出した。はっと夢から醒めたように僕は呆然と海を見つめた。なぜ今まで忘れていたのか。立ちすくむ僕の目の前にはどこまでも闇色に広がり世界中に繋がる海があった。

別れを告げた後、彼が何と言ったのか。
どうか元気で。
そう言って彼は笑った。
そして、こう続けたのではなかったか。

――どうか元気で。また海のどこかで会うこともあるかもしれんな。

海底に沈む財宝が荒波にまぜ返されて浜に打ち上げられるように、僕の記憶のどこかに潜んでいた彼の言葉は急にその姿を現し、今、耳の奥に決して途切れぬ波音のごとく繰り返し響いていた。


海のどこかで。
彼はそう言ったのだ。
海のどこかで………


目覚めとともに儚く消え去る向こうの世界の記憶を取り戻すように、僕はその声を思い出していた。


いつしか水平線はほの白み、見分けにくくなっていく遠い船明かりに僕は目を凝らした。波打ちはシャークアイのいざないの声を孕み、どこまでも大きく僕の耳を打った。先程までの焦りに代わってじわりと熱い興奮が僕の胸を締め付けていた。猶予の時を経て、僕はようやく変わろうとしていた。フィッシュベルの浜から、近海を漁する船上から、僕はもうあの船を探すのをやめよう。この夜までの僕はシャークアイの言葉を封印し、そしてあの船が僕の近くに突如現れて連れ去ろうとする日が来るのではないかと恐れ、期待していた。それらが避けられない運命として僕の身の上に降りかかる日を待っていたのだ。だけど彼の言葉をすべて取り戻した今、漕ぎ出すのは僕の選択だった。再会の可能性はフィッシュベルの浜でもエスタードの海でもなく、無限に遠いこの海のどこかに約束されているのだから。

まもなく太陽が海の上に新しい光の道筋を描く時、僕を呼ぶ声に、今日こそ勇気ある答えを返せるのなら。




――――――――――
お題はこちらのサイト様から頂きました
期間限定様



お題小説5「愛するが故」の続きのお話です。

でも、「愛するが故」を読んでいなくても読めます。
長くなったので畳みます。
カデルとシャークアイ。
(2)としてありますが、続きものではなく、同じ題で別のお話を書いています。

よろしければ、こちらもどうぞ。
設定が同じです。内容の時系列では、「星が降る~」が先です。
潰えた光」 (シャークアイとボロンゴ) 
夜の甲板からシャークアイがなかなか戻らないので、アニエスは座っていたソファを離れた。部屋の中にいても今夜は少し寒い。温かいお茶を用意して、あのひとを迎えよう、きっと、とても冷えているだろうから。そう考えたときドアが開いて、シャークアイが姿を現した。
 
「アニエス! まだ起きているか?」
「おかえりなさい、あなた。先に寝たりしてないわ。寒かったでしょう、何か温かいものをいかが?」
「ありがとう。でもそれは後にして、バルコンに出てみないか?」
 
シャークアイは着ていたマントを脱いで、そっとアニエスの肩にかけた。そのマントにしみた夫のにおいに、アニエスはしあわせな気持ちになる。ほっそりした両肩を、シャークアイの大きな手が背中から優しく押した。窓の外に向かわせるように。

「なんですの、あなた?」
「いいからバルコンまで出ておいで。ほら!」
 
シャークアイは船長室の扉を開いた。バルコニーに出たアニエスの目に飛び込んできたのは、夜空いっぱいに満ちた、まさに満天の星だった。
 
「まあ! すてき!」
 
アニエスの歓声を聞いて、彼女の背中を守るように立っていたシャークアイが、嬉しそうに笑った。
 
 

冷たい風も、夫といれば怖くない。
わずかに白くけぶる、地上の吐息は美しかった。夢みたいだわ、とアニエスは思った。
 
「うれしくて、まだ信じられないくらいなの。またあなたとこうして一緒にいられるなんて。」

シャークアイはアニエスの背中をそっと抱いた。
やわらかな金色の髪が頬を優しく愛撫する。

幾星霜凍りついた時を経て、目覚めたとき、この目覚めはただ与えられた使命を果たすためのものだと、もはや伴侶は失ったものとシャークアイは思った。あの輝くような笑顔や声。忘れ得ない愛らしい仕草。そのどれにも、二度と触れられないのだと。それなのに今、こうして再びこの船で、降る星をともに見上げている。シャークアイにとってこそ、夢のような話だった。

いったいどれほど長い間、寂しくひとり歳月を数えたのだろう。
こんなにほそい、かよわい身体をして、オレのために、どれほどの孤独に耐えたのだろう。

「よく待ってくれた。アニエス、これからは、ずっと一緒だ。」

アニエスは安心したように微笑して、小さな背中を夫にあずけた。




――――――――――
お題はこちらのサイト様から頂きました
期間限定様

涙のゆくえを君は知っていますか?」の後日談として。
(1)としてありますが、続きものではなくて、
別ヴァージョンを、同じお題でもう一枚書こうかなーと思っています。

岩壁に細い腕を投げかけて、星空を見上げる、
きれいな人魚のお姫さま。
でもとても、さみしそう。

ひとつ、ふたつ、みっつ。

アニエス姫は星を数える。
夜空にはたくさんの星が輝いているから、
アニエスが大好きな人に再び巡り合うまでには、
きっと数えきれないとぼくは思う。

きっともうすぐ会えるよ。
たくさんの星を数え残したまま、もうすぐ。
だから元気を出して。

「アニエス!」
「あら。くらげちゃん!」

ぱしゃん、
水をはねさせて、ゆたかな髪をした人魚はぼくをかえりみる。
海の水にまぎれても、アニエスが泣いていたってこと、ぼくは知ってる。

「ぼく、アニエスにプレゼントもってきたよ!」
「まあ、きれいな貝殻。ありがとう、くらげちゃん、優しいのね。」

寂しそうな笑顔のアニエス。
ずっと昔は人間だった。
誰かを、ずーっと待っているんだって。
そのために、人間の姿を捨てて、こうして海で暮らしているんだって。


シャークアイって言うの、そのひと。私の夫なの。


アニエスはそう言った。
僕はそのひとのことを考える。
どんな人間なんだろう? 
どこにいるのだろう?
愛しているなら、どうしてこんなに長い間、アニエスのことをほうっておくの?
アニエスは泣いているのに。

「見て、くらげちゃん。また満月ね。」

真珠の粒のような涙がつらなって、
冷たい海の中にすいこまれていくのを、
ぼくは、知っている。






――――――――――
お題はこちらのサイト様から頂きました
期間限定様

人魚のアニエスとしびれくらげのお話でした。
ほんとはDQ7には「しびれくらげ」は出てこなくて、陸系の「しびれスライム」がいるらしいです
(Wikiに載ってました) 
悪いスライムじゃないんですね。きっと。


波に揺れないベッドの上に横たわり、じっと目を開いたまま、天井を見つめる。子供の頃から変わることのない、その眺め。そっと目を閉じれば、よみがえる、真っ白な一対の帆に染め抜かれた水の民の旗印、驚くべき高さを誇るマスト、きらめく噴水、船上に日々を送る人々のにぎわい。



……シャークアイに会ったかい? いい男だろ? 若いのにシブくてさ、昔初めてあたしが彼を見たとき、彼はまだ独身だったの。あの人の笑顔に、一撃であたし、ノックアウトされちゃった。それであたし、故郷を捨ててこのマール・デ・ドラゴーンに来たのよ。船でもこうして酒場を始めてね、海賊の男たちは最初はいかついと思ったけど、仲良くなるとすごく気のいい連中ばかりでね、楽しくやってきたわ。あの人もたまーに酒を飲みに来てくれてさ、立ったまま、こう、カウンターに腕をかけてね。うーん、あんたじゃまだ背が届かないけどね。そういえばあんたの横顔はちょっとシャークアイ様に似てるよ、横顔はね。輪郭がちょっと似てる気がする。「ええっ」てなーにマリベルちゃん、彼氏かっこいいじゃない。それに、優しそうだわ。シャークアイもかっこよくて優しそうなところがいいのよ。彼氏なかなか素敵だと思うわよ、背もこれからきっと伸びるわよ。あら、彼氏じゃないの? ほんとに? 幼馴染? 故郷が一緒なのね。そういう関係も素敵ね。

シャークアイは忙しいから何杯も飲んで行くわけじゃないけどね、そっちのテーブルに座った海賊たちとちょっとだけおしゃべりしていくの。ああ、だからあたしはよく彼の横顔を見てたのね。その様子がまた、涼しげで、男前でね。船の女はあたしだけじゃなくて皆あの人のファンなのよ、一目でころっと参っちゃった子も少なくないわよ。それで、最後の戦いの時も、もちろんあたし、船を下りなかった。シャークアイは降りていいって言ってくれたけどね。「コスタールに残ってもいい、故郷に戻ってもいい」って。でも、ついていこうって思ったの。


仕込み中の酒場で、アルスはジュースをサービスされて、女主人の話を聞いていた。隣にはマリベルがいて、アルスと同じジュースを飲みながら、女の話に時々相槌を打っていた。

「故郷って、どこですか?」

アルスは遠慮がちに女主人に尋ねた。もしかしたら、過去の世界を旅しているときに、彼女の故郷に立ち寄ったかもしれないと思ったからだった。女主人は明るく笑った。

「どこって言っても、もう何百年も昔なんでしょ? 不思議な話だけど。いいのよ、住む人は変わっても世界はおんなじで、また故郷に船を着ける日も来るだろうし。それに、この船があたしのもうひとつの故郷なんだから。ここが故郷だわ、仲間も、友達も、それにシャークアイ様もいるし。あたし、あの時マール・デ・ドラゴーンに残るって決めたこと、少しも後悔してないの。」
「ま、確かにシャークアイってシブくってちょっといい男よね」
「でしょ? マリベルちゃんもそう思うでしょ?」

世界中の波の上を旅する船。世界中の港を訪れる船。
その船を故郷として身を寄せる彼女は、そのあと、なおしばらく憧れの人の話をアルスたちに語って聞かせた。


――――――――――
お題はこちらのサイト様から頂きました
期間限定様


[1] [2]

無料カウンター
CALENDAR
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
メールフォーム
ご意見ご感想などお気軽にお寄せ下さい。また、リンクのご報告等にもお使い下さい。
プロフィール
HN:
モル元
性別:
女性
自己紹介:
ゲーム大好きモル元です。

9のプレイも一段落ついて、そろそろ7小説に戻ろうか、と書き始めた途端、シャークアイの知名度や活動人口の少なさを再び思い知って打ちひしがれている今日この頃です。皆さんにシャークアイのことを思い出してもらったり、好きになってもらうために、めげずに頑張って書いていきます!

シャークアイ関連の雑談やコメントなど随時募集中。お気軽に話しかけてやって下さい。世の中にシャークアイの作品が増えるといいなと思って活動しています。

シャークアイ、かっこいいよね!
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone