忍者ブログ
ドラゴンクエスト7の小説ブログです。 9プレイ日記もあります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「よーし、あげろー!」

威勢のいい掛け声とともに、漁師たちが一斉に網をひきあげる。アルスは大人たちに混じって、ぐっと力を込めて網を引いた。汗ばむ腕は日に焼け、世界中を旅していた頃よりもたくましいくらいだ。その腕に、今も水の紋章が見えていた。もはや何の意味もないと、アルスは自分の紋章を見るたびに思った。少しだけ、なげやりな気持ちで。

「あがるぞ!」

網にかかったたくさんの魚が甲板の上に打ちあげられた。水しぶきがきらめく。銀色の鱗は元気にはねて、日差しをはじいた。きらきらとまばゆいほど。

「おお、こいつは大漁だ!!」

漁師たちの歓声が船にあふれる中、ボルカノはそっとアルスを見た。アルスはせっかくの大漁にもあまり嬉しそうな顔をせず、ひとり黙って、離れた場所に行ってしまう。時々、こんな日があった。いつも明るくて一生懸命に働くアルスが、何か思い悩んでいるように物静かな日が。

「…アルス。」

ボルカノはアルスの隣まで歩いて行った。かけるべき言葉は、ボルカノの心の中にもうずっと以前からわだかまっていた。でも、言えない。うまく言えないのだ。アルスの口べただけはおれゆずりだ、とボルカノは思った。今、胸の内を伝えようとしても、うまく言えなくて、間違ってアルスを突き放してしまうような気がする。そうではなく、ただ、アルスを自由にするために話しかけたいのに。

「どうした、アルス? 今日はちょっと、元気がないな?」
「そんなことないよ。」

アルスはボルカノのほうを向いて少し笑った。アルスは子供の頃から、人に遠慮の出来る、やさしい性格だった。でも、こんなに思慮深げな表情、憂いを含んだまなざしで人を迎えるアルスは、これまでボルカノは見たことがなかった。

船べりに手をついて、アルスは遠い海の彼方を眺めていた。見果てぬ波の向こうに船影を探すように。

(アルス。お前は立派な漁師になった。だけど、どこへでも行っていいのだよ。)


ボルカノは結局何も言わず、元気づけるようにアルスの肩を叩いた。アルスの心はいつになく複雑で、これまでのようにただそばにいて、「おれはお前を信じているぞ」と言って励ましてやれるようなものではなかった。ボルカノの心もまた、言わずに息子に通じる気持ちでもない。こんなふうに二人の間に沈黙を落としたままでは、想い合う魂だけでは、乗り越えられない嵐がきていた。

そう分かっていても、どう切り出せばいいのか、ボルカノはきっかけを見つけられずにいた。ボルカノもまた迷い、悩んでいるからだ。腹を割って話そうとしたら、きっと冷静でいられないだろう。大人らしく、親らしく、落ち着いてアルスをさとしてやることは出来ないだろう。さみしくて。


不器用な親子は、二人並んで黙ったまま、はるかな空と海のはざまを長い間見つめていた。アルスのほうが先に、ふと足元に視線を落とした。



――――――――――
お題はこちらのサイト様から頂きました
capriccio様


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[40] [39] [37] [36] [21] [35] [10] [31] [30] [29] [28]

無料カウンター
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
メールフォーム
ご意見ご感想などお気軽にお寄せ下さい。また、リンクのご報告等にもお使い下さい。
プロフィール
HN:
モル元
性別:
女性
自己紹介:
ゲーム大好きモル元です。

9のプレイも一段落ついて、そろそろ7小説に戻ろうか、と書き始めた途端、シャークアイの知名度や活動人口の少なさを再び思い知って打ちひしがれている今日この頃です。皆さんにシャークアイのことを思い出してもらったり、好きになってもらうために、めげずに頑張って書いていきます!

シャークアイ関連の雑談やコメントなど随時募集中。お気軽に話しかけてやって下さい。世の中にシャークアイの作品が増えるといいなと思って活動しています。

シャークアイ、かっこいいよね!
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone