忍者ブログ
ドラゴンクエスト7の小説ブログです。 9プレイ日記もあります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「うん、うん、そうか。そりゃお前さん、いいプレゼントをしただな。そのおなごもきっと喜んでいるだよ。」

フィッシュベルの西のかなた、切り株に腰かけた一人のきこりが、シカを相手に喋っている。事情を知らない者から見れば奇妙な光景だが、ガボは少しも驚かなかった。きこりは動物たちと会話できるという、ふしぎな力を持っているのだ。

「きこりのおっちゃん! 元気か!?」

ひょっこり顔を出したガボに気づいて、きこりは笑った。

「おお、ガボでねえか、久しぶりだな。」

ガボは、えへへ、と照れ笑いする。アルスたちと別れ、ガボはもう、ひとりきりだ。

「みんなも、元気か?」

ガボの問いかけに鳥はさえずり、リスは、小さな木の実をガボに差し出した。

「よく来たなあ、ガボ。夕めし、食ってくか?」

きこりは立ちあがってそう言った。ガボはもっと言いたいことがあったが、「うん!」と明るく返事をした。





きのこのスープのいいにおいが、あたりに漂っている。きこりは慣れた手つきで鍋の中をかき回しながら、ガボに話しかけた。

「なんでも、神様が復活したんだってなあ。ガボたちが、魔王を倒しちまったんだってなあ。」

きこりはまるで別の世界で起こったことのように言った。ここは免れた楽園、エスタード。その辺境にひとり暮らすきこりには、魔王の出現すら、いっときの闇に過ぎなかったのかもしれない。封印されていた島々がよみがって息づき、そして世界中で平和の日々が始まるという実感は、きこりにはないのだろう。

「のんきだなあ、おっちゃん! オイラたち、大変だったんだぞ!」
「わはは、ガボは偉いなあ。」
「魔王って、ものすごーく、きもちわるかったんだぞ!」
「はあー、すごい話だなあ。ここはずーっと平和だべ。こうしてガボも訪ねてきてくれるしなあ。」

きこりはオオカミの子供の頭を撫でるように、ガボの頭を撫でた。ごつごつした、大きくて、やさしい手だ。ガボは幸せな気持ちになった。大切なことを言う勇気が湧いてくる。

「おっちゃん、オイラが遊びに来て、喜んでくれるか?」
「もちろんだべ。」
「……じゃあ、おっちゃん。オイラたちの旅はもうおわったんだ。それで、オイラここでおっちゃんやみんなと暮らしたいんだ!」

ガボが思い切ってそう言うと、きこりは少し驚いて、それからすぐに嬉しそうな顔をした。

「そうかそうか、それはオラも、みんなも、すごーく嬉しいだよ。そうかそうか、神様が復活したら、こんないいことがあるだなあ。さっそく今夜から、いられるだか?」

ガボの顔が、ぱあっと明るくなった。

「うん! ありがとう、おっちゃん! よろしくな!」



――――――――――
お題はこちらのサイト様から頂きました
期間限定様


ガボはラスボス戦後のアミット漁のとき、
きこりのおじさんと一緒にフィッシュベルに来ていますね。

ガボはやっぱりまだ子供だと思うので、きこりのおじさんと一緒に平和に暮らしてほしいです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[36] [21] [35] [10] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [24]

無料カウンター
CALENDAR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
メールフォーム
ご意見ご感想などお気軽にお寄せ下さい。また、リンクのご報告等にもお使い下さい。
プロフィール
HN:
モル元
性別:
女性
自己紹介:
ゲーム大好きモル元です。

9のプレイも一段落ついて、そろそろ7小説に戻ろうか、と書き始めた途端、シャークアイの知名度や活動人口の少なさを再び思い知って打ちひしがれている今日この頃です。皆さんにシャークアイのことを思い出してもらったり、好きになってもらうために、めげずに頑張って書いていきます!

シャークアイ関連の雑談やコメントなど随時募集中。お気軽に話しかけてやって下さい。世の中にシャークアイの作品が増えるといいなと思って活動しています。

シャークアイ、かっこいいよね!
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone