忍者ブログ
ドラゴンクエスト7の小説ブログです。 9プレイ日記もあります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「あー、イルカがいる、イルカが」

誰が最初に気づいたのか、海賊たちの幾人かが仕事の手を休めて遠い水面を見下ろした。

「アルス、イルカがいるわよ!」

アルスはマリベルにそう声をかけられて、船べりから身を乗り出して下を見た。青い海に、悠然たる影が透けて見えた。

「何頭いるのかしら。すごいわね。」

そこにシャークアイがやってきた。

「アルス殿、マリベル殿。どうかしましたか。」
「シャークアイ、イルカがいるんです。ほらっ。」

シャークアイは、ふむ、という顔で船べりに両肘を預けて海面を見た。やっぱり背が高いなあ、とアルスは思う。同じ姿勢をアルスは取れないから。

「なるほど。ずいぶん気持ちよさそうに泳いでいるものだ。」
「うん。」

シャークアイはしばらくアルスと並んで柔らかな表情でイルカたちを見ていたが、急にがちゃん!という音をたてて鎧を足元に落とした。

「え?」

一瞬の出来事にアルスが驚いてシャークアイを見上げると、アルスの目の前を、シャークアイの大きなマントがばさりと翻っていった。主人を失って宙をはためくマントの向こう、落ちていくシャークアイのぱあっと楽しそうな横顔が一瞬アルスの眼に映った。

「シャーク、えええ!?」

シャークアイは落下の最中に器用に船側を蹴って船と距離をつける。

「あー。総領ー。」

気づいた海賊の一人が呆れた声を上げた。直後、ばしゃーん、という盛大な音とともに、シャークアイの悲鳴が船の上まで響いてきた。

「あーあー、キャプテン、なにやってんですかあ!」

シャークアイはばしゃばしゃと水をはねながら顔を出して海賊のほうを見た。

「ものすごく冷たい!! 水が!!」
「そりゃ冷たいに決まってまさあ! ここがどこだと思ってるんです!?」
「冷たいと思わなかったのだ!!」
「イルカに夢中でですかい!? もう、呆れまさあ、早くあがってくだせえ!」
「寒い!!」

寒い、寒い、と言いながらシャークアイはしばらく海の上で右を見たり左を見たり震えたりしていたが、やがて

「慣れてきた!」

と一言言い残して、イルカのほうまで泳いで行ってしまった。

「ありゃ風邪引くぜ。こんな寒いのに。」
「アルス様、真似しちゃいけませんぜ。この高さから飛び降りると痛いですよ。」

アルスはドキドキしながら海面を見た。シャークアイがイルカにくっついて泳いでいる姿が時々見えた。アルスは何となく許可を求めるような気持ちでマリベルを振り返った。マリベルはいつものようにアルスの心を見抜く、呆れたまなざしを返す。

「なによ、アルス。あんたまで泳ぎたいって顔しちゃって!」

――――――――――
お題はこちらのサイト様から頂きました
期間限定様


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[10] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [24] [23] [22] [20]

無料カウンター
CALENDAR
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
メールフォーム
ご意見ご感想などお気軽にお寄せ下さい。また、リンクのご報告等にもお使い下さい。
プロフィール
HN:
モル元
性別:
女性
自己紹介:
ゲーム大好きモル元です。

9のプレイも一段落ついて、そろそろ7小説に戻ろうか、と書き始めた途端、シャークアイの知名度や活動人口の少なさを再び思い知って打ちひしがれている今日この頃です。皆さんにシャークアイのことを思い出してもらったり、好きになってもらうために、めげずに頑張って書いていきます!

シャークアイ関連の雑談やコメントなど随時募集中。お気軽に話しかけてやって下さい。世の中にシャークアイの作品が増えるといいなと思って活動しています。

シャークアイ、かっこいいよね!
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone