忍者ブログ
ドラゴンクエスト7の小説ブログです。 9プレイ日記もあります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花子捜索で大変な時間がかかってしまったので、さくさく進みます!

さくさく進みすぎて、出来れば見ておくべきムービーを飛ばしてしまったらしく、貸してくれた友人は「弾として大事なところだったのにー!!!」と大いに嘆いていました。モル元がうかつなばかりに、友人にまでショックを与えてしまいました。





~これまでのあらすじ~
アポリオン襲来に対し、槻賀多村落一帯の村民全員(雌牛を含む)を温泉宿に避難させた葛葉ライドウ。疲労回復のため一風呂浴びようと宿の温泉に赴いたところ、意外にも、誰もいない。腰巻き一枚と帽子のみの姿で温泉を走り回り、バシャバシャ泳ぎ放題である。ただでさえ閉鎖的な辺境村のできことである、かような危機に際して疑心暗鬼が内向し、村民同士が傷つけあってしまうという危険は十分に考えられるのだ。ゆえに、こんな時こそゆったりと湯につかる余裕がほしいものだ。


主に友人Lさんがその貞操を激しく心配していた茜ちゃんですが、白無垢姿のまま無事逃げて来ていました! よかった、茜ちゃん!! お化粧もしたままで一層綺麗です。

タエちゃんと二人で聞き込みをしたところ、どうもタエちゃん予想の「わらべ唄は予言である」というのは少し違っていて、「わらべ唄は過去に起こった事態を歌ったものである」らしいことが判明しました。つまり、アポリオンたちがやってくるあの空の赤い亀裂は、戦国時代にも一度槻賀多で出現したそうなのです。

ところでこれは弾が「アポリオンたちが言うことをきかない」ことに絶望していたラジオ塔での一場面で、つるりと登場した金髪の青年が語っていたことなのでライドウは話半分に聞いていたのですが、空の一隅に出現したあれは「絶望の門」「深淵世界の門」らしいです。人々の絶望がその門を開くのだとか何とか金髪は言っていまして、鳴海探偵が「その情報、ソースはなに?」とも聞きもしないで「そうだったのか…」と鵜呑みにしていたことにライドウは呆然としていたのでした。だってその金髪の少年、名も知らぬ異人さんです。突然現れて、きっかけがどうだとか絶望がどうとか、実に電波がかったことを言っていくのに、彼の意味の分からない話を鵜呑みにすることないじゃないですか。百歩譲って黒幕ですよ。

貸してくれた友人によると「あの金髪がつるりと登場してソース不明な真理とやらを語っていくことは、シリーズを通してプレイしているゲーマーにとっては「またか」と言ったところなのでさしたる驚きを提供しているわけではない」のだそうで、対抗論も出ないことだし暫定的にあれを「深淵世界の門」であると仮定して話を進めることにします。そして私がベコに夢中で見逃してしまったムービーというのは、弾があの金髪にまんまとそそのかされて運食い虫を集め門を開くにいたってしまう回想シーンだったそうで、弾のダメさを相当に愛しているらしい友人はこのシーンを見逃した私に絶望して深淵世界の門をひらきかけていましたが、立ち直りも早い人なので「2周目やればいいよ!」とすぐに言っていました。誰が二周目のアマツミカボシを倒すというのか…


さてその戦国時代に一度は危機を乗り越えていたというわけで、そこでしらばっくれている葛葉ゲイリンが実に怪しい。ゲイリンは葛葉四天王の中でもこの山陰地方を代々担当しているデビルサマナーであるわけで、何代か前のゲイリンが、ある「秘術」をもって危機を乗り越えたらしいのです。ゲイリンや他の皆さんに話を聞いたところ、当時の出来事を記した「古文書」が、三本杉のあたりにあるらしいのです。ゲイリンが「古文書? 知らないプロセスだな。とにかく山陰のことは我々に任せておくセオリーだ。三本杉には行くなよ! 絶対に行くなよの希望だからな!!」的なことを言うので、これはもう三本杉に直行するしかありません。三本杉で古文書を見つけ、温泉宿でタエちゃんと凪ちゃんとライドウの三人で解読を進めました。ライドウも一介の書生の身で夜更けまでこのような温泉宿で女性陣に囲まれて、なかなかうらやましいご身分です。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170]

無料カウンター
CALENDAR
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
メールフォーム
ご意見ご感想などお気軽にお寄せ下さい。また、リンクのご報告等にもお使い下さい。
プロフィール
HN:
モル元
性別:
女性
自己紹介:
ゲーム大好きモル元です。

9のプレイも一段落ついて、そろそろ7小説に戻ろうか、と書き始めた途端、シャークアイの知名度や活動人口の少なさを再び思い知って打ちひしがれている今日この頃です。皆さんにシャークアイのことを思い出してもらったり、好きになってもらうために、めげずに頑張って書いていきます!

シャークアイ関連の雑談やコメントなど随時募集中。お気軽に話しかけてやって下さい。世の中にシャークアイの作品が増えるといいなと思って活動しています。

シャークアイ、かっこいいよね!
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone